業界ニュース
ホーム ニュース 業界ニュース

世界の風力および太陽光発電が 10% を占めました 2020 上半期の総発電量

世界の風力および太陽光発電が 10% を占めました 2020 上半期の総発電量

  • Sep 07, 2020

2020年前半、 COVID-19 の影響を受けましたエピデミック、 しかし 世界の電力需要は3%減少し、風力および太陽光発電は依然として 14% 増加しました。 前年比。 中 レポートの48の国と地域では、風力と太陽光発電が増加しました から 992 TWh 2019 〜1,129 TWh 2020年の前半に。


2019年上半期と比較して、 2020 上半期の世界の石炭発電 8.3%減少しました。 これ 最大の低下です 以来 1990年、 3% に続いて 前年比 2019年に減少します。 石炭火力発電の減少を推進する主な要因は、世界的な大流行による電力需要の減少ですが、風力 および太陽光 の増加発電と高い市場シェアも石炭の減少の主な理由です 電力


しかし COVID-19 によって引き起こされる電力需要流行はまだ風力と太陽光発電に影響を与えていません 発電 しかし、世界的な大流行は、 2020年の新しい風力および太陽光発電装置の設置速度に影響を及ぼしました。 国際エネルギー機関 (IEA) 2020年までに、再生可能エネルギー発電の新たに設置された容量は13%減少し、 以降 のレベルに低下すると予測しています。 2015 最も低い レベル。


デイブ ジョーンズ、エンバーのシニアパワーアナリスト、 言った: 「国 世界中で、石炭に代わる風力発電所と太陽光発電パネルの建設に取り組んでいます 電力 もし 世界の気温上昇は 1.5 に制限されます。摂氏度、石炭発電は今後10年間毎年発電する必要があります。 13%の削減。 しかし、全体として電力需要を抑制した新たな王冠の大流行の影響にもかかわらず、石炭火力発電は 8% しか減少しませんでした。今年の前半 年 これ 事実は、私たちがまだ逸脱していることを示しています から エネルギー転換 トラック。 私たち 移行があります 解決策 計画、 それは 動作していますが、 それは 速く進んでいない 十分。 "


ファステンソル 中国の の1つですの主要サプライヤー ソーラーマウントシステムその 高品質 で多くの外国の顧客の信頼と良い貿易評判を獲得しました製品、優れた R&D 設計能力、および高水準 プリセールス および アフターセールス サービス。

solar mounting systems from China

著作権 © 2012-2021 Xiamen Fasten Solar Technology Co.,Ltd..すべての権利予約.

top

伝言を残す

伝言を残す

    案件情報をいただければ、24時間以内ご提案します。